工場でプラスチック製品の製造効率を上げるなら離型剤が大活躍!

金属製のバケツ

有機物質を含まないフッ素コート離型剤なら高い離型性が得られる!

水をはじくスマホ

金型による樹脂製品の射出成形、樹脂の押出加工において、金属との離型性は非常に重要です。ビニル製品はある程度の硬さがあるものの、ゴムやシリコン製品は柔らかく、成形が難しいという問題があります。この際、離型剤は製品品質に大きく貢献するものの、離型剤の中にはゴムやシリコンとの相性が悪いものもあります。そこでおすすめなのが、フッ素コート離型剤です。特に水に希釈して使用するフッ素コート離型剤なら高い離型性が期待できます。
離型剤といっても、有機物質を含む場合、樹脂を溶解するケースがあり、ゴムやシリコンが金属表面に残留してしまいます。しかし、有機溶剤などの有機物質を含まない、水に希釈して使用するフッ素コート離型剤なら有機物と非相溶なため樹脂材料が綺麗に剥がれます。また、フッ素コート層は科学的に安定し、ゴムやシリコン材料に含まれる可塑剤が金属に直接触れ、金型や成形冶具を腐食させてしまうといったこともなくなります。これまで、成形が難しいゴムやシリコンで不良率が高く、離型剤を大量に使用しても改善できないと悩んでいる方は、有機物質が含まれないフッ素コート離型剤に切り替えてみては如何でしょうか?フッ素コート層は安定性が高く、少ない離型剤の量でいままで以上に成形品質を高めることができます。