工場でプラスチック製品の製造効率を上げるなら離型剤が大活躍!

金属製のバケツ

さまざまな場面で使われている離型剤

青い瓶

金型などの樹脂成形において、離型剤は生産性の向上、不良率低減など品質管理にもメリットを与えてくれます。離型剤というと工業製品の製造ラインで使用されるというイメージがあるものの、フッ素コートは離型剤として食品工場でも活躍しています。
食品加工において油脂類は離型剤として多く用いられるものの、カロリーアップや加熱による酸化、材料カスの付着といった問題があり、使用量のコントロールや管理が厳しくなります。また、清掃作業においては非効率性を有してしまいます。しかし、フッ素コートはこれまで使用していた離型剤としての油脂類を必要最小限に抑えることができます。また、耐摩耗性の向上により、ロールやプレス機などで金属片やカスの混入リスクを軽減することができます。
さらに、金属表面に化学的に安定かつ人体への影響が非常に少ないフッ素化合物を形成し、金属表面に発生する錆を防いでいます。そのほかにも、フッ素コートは滑り性が良いため、コンベアやスロープに施すことで食品加工ラインにおいて移動が停滞するといった問題も解決しています。焼成処理によるフッ素コートのほかにも、日常のメンテナンスで使用できる希釈タイプのフッ素コート剤も数多くあり、食品加工工場で搬出が困難な大型の調理器具の表面再処理にも活躍しています。